アコムの金利って高いの?

アコムは、消費者金融会社で大手企業の一つであり、
個人向け融資やビジネスローンなど様々な融資商品を取り扱っています。

アコムでは、クレジットカードの発行なども行っていますので、
ショッピングから融資まで幅広いサービスを利用する事が出来ます。
カードローンの金利は、4.7%から18.0%となっており、
融資額に応じて金利は変動します。

多額のお金を借りれば、それだけ低い金利で借りる事が可能になります。
その為、アコムの金利は、他の会社の同様のサービスと
比較して平均的であると言えます。

初回利用時に30日間金利無料にするサービスも行っており、
このようなサービスを利用する事で返済総額を抑える事が可能になります。

カードローンの利用には、ネット申し込みで申し込みが出来ますので、
店舗へ出向いたり、無人契約機を利用して契約を行わなくても
申し込みが出来るようになっていますので便利です。

公式サイトでは、様々な情報が掲載されていますので、
カードローンで分からない事も理解出来るようになっています。

どうしてあんなに審査するの早いの?

通常、クレジットカードやローンは
申し込みからカードが届くまで1週間ほど届きます。
アコムでは、申し込みからカード発行まで最短30分です。

どうしてこんなにも早いのでしょうか?
それは、アコムでは機械による審査をしていて、
人が行なう部分が少なくなっているからです。

キャッシングの審査基準といえば、
年収・勤続年数・勤務先・個人信用情報・他社からの借り入れ額など
多岐にわたりますが、それをすべて人が見て判断をするとなると
かなり時間がかかります。

個人信用情報については、過去のクレジットカードなどの毎月の支払いや、
延滞がないかどうか、金融事故はないかどうかなどを細かく見なければなりません。

そのような個人信用情報も含めて、さまざまな項目を総合的に判断して、
融資をしてもよいか、融資をするなら限度額はいくらにするかを
決めなければなりません。

アコムでは、ある程度のところまではデジタルで審査を行い、
人がするのは最終的なチェックの部分だけになっていますので、
審査がとても早いのです。

早く審査通る

過払い金とかたくさんきたの?

アコムは今でこそ、三菱東京UFJフィナンシャル・グループ傘下となり、
社会的な地位も格段に上がりましたが、以前はサラ金と呼ばれていた時代もあり、
社会的な信用もそれほど高くはありませんでした。
いずれにしてもアコムは金融会社として長年の歴史と実績のある会社です。

2010年に新しく貸金業法が施行される前は、
アコムも他の金融会社と同様にグレーゾーン金利での融資を行っていました。
アコムは長年の実績があるので、利用者も多く、過払い金の返還請求も多かったのです。

しかし、過払い金の問題で潰れてしまった多くの貸金業者と異なり、
アコムはその規模と、実績を評価され、三菱東京UFJという強力なサポートのもと、
それを乗り切り、現在では消費者金融業界最大手の地位を確立したのです。

現在でも運営している消費者金融であれば、過払い金返還請求も比較的容易です。
もし2010年以前に消費者金融などの利用があるようでしたら、
確認してみてはいかがでしょうか。

アコムの創立者ってどんな人なの?

1936年より神戸で呉服店を営んでいた木下政雄が1947年より質屋を開業したのが、
消費者金融のアコムの前身です。

なんでも呉服店時代に、高価な反物を名前も知らない一般の客に貸したことから
「信用」というものに商売の希望を見出したそうです。

サラ金、消費者金融とその名称は変わってきていますが、
サラ金をはじめたのもこのアコムの創立者の木下政雄なのです。
当時では一般の人にきちんと勤めているという条件とはいえ、
無担保で融資をするというのは非常に斬新な試みだったのです。

アコムはその創業より、業界をリードしてきたとともに、
無人の契約機など多くのサービスの創立者でもあります。

そういった新しい試みの多くは「利用者目線」でのものであり、
現在、多くの人が気軽に、そして便利にお金を借りることができるのは
アコムの影響がとても強いのです。

また、貸金業法改正後にはメガバンクの傘下となり、
ますます社会的な地位も向上し、今後の発展も予想がつかない成長を
続ける企業といえます。

アコムってどんな業者なの?

よくコマーシャルなどで耳にする「アコム」とは、一体どんな業者なのでしょうか。

アコムは、簡単に言ってしまえばお金を貸す事業を行う業者です。
一般的には「消費者金融」または「サラリーマン金融(サラ金)」と呼ばれるもので、
担保や保証人を付けることなく、カード1枚でお金が借りられる
「カードローン」のサービスを展開しています。

アコムは、創業者である木下政雄氏が繊維業と金融業を分離したのが始まりです。
もともと、「株式会社丸糸商店」という繊維製品卸売会社を経営していましたが、
1958年10月に金融業に特化した「株式会社丸糸」を創業しました。
この会社こそが、今のアコムの始まりなのです。

アコムがどんな業者かと聞かれたら、もともと繊維の卸売業を営んでいた創業者が、
会社を分離して金融業を営むようになったのが始まり、と答えるとよいでしょう。

また、社名は「愛情」「信頼」「節度」の英語訳の頭文字
「A」「Co」「M」を並べたものが由来です。